十段⇒(BMS mix)

kaiden?????

年末/腱鞘炎

 みなさん、年末をいかがお過ごしでしょうか。紅白をぼけーっと眺めつつ、スマホからぽちぽちなのですこし見づらいかもしれません。

 

 今年のまとめとか解禁した曲とか発狂二段とかそういうのはどうせ間に合わないので、来年に預けます。

さて、今日の話題は全くを持ってめでたくない話ではないのですが、腱鞘炎になりました。ばね指ですね。幸い大事には(¿)至らず、お医者さんに診てもらい、消炎剤を塗り、当たり前ですがiidxをしばらく止めて段々と回復してきています。

あまりおおきなこえで言える話ではないのですが、どうしてもやりたくて〆プレイを一昨日やって来ました。

〆に使った曲は、

f:id:links_h:20181231210844j:image

月雪に舞う華のようにです。やっぱり猫叉さんすきです。

 

話を戻すとして、腱鞘炎ですが、原因はオーバーユースだと言われました。個人的な憶測に過ぎない所もあるのですが、誰かの役に立つといいなと思い書いておきます。

 

少し異変、とまではいかないものを感じたのは3週間くらい前にBMSをやっていて、中指がつっかえるような感覚を覚えた時です。

その時はちょっと疲れてるかな、と考え、全く気にも留めませんでした。実際ゲーセンに行ったとき、疲れていると指が上手く動かなくて帰るなんて誰でもあることでしょう。ただ、BMSなのでいつもどおり練習としてやってしまいました。

2週間前には段々と中指がズンッと、鈍痛というのでしょうか、感じ始めていました。普段スコアでAAを普通に取れる曲でAが出たりもしました。ただ、特に普段の生活に支障はなく、右手をいつもの対象固定の形にして、伸ばそうとすると少し痛むくらいでした。

しかも、後で書くことになるとは思いますがこの頃にはBMSを触れることが少なくなっていて、さらにIIDXをやる時にはあまり痛みを感じなかったので余計意識することはありませんでした。

しかし、この後いつも通りIIDXBMSを触れつつ過ごしているとじわじわと痛みがひどくなっていき、小指にも痛みが出はじめ、果てはスマートフォンを右手だけで持てなくなり、ペンを持つ時でさえひどい痛みに見舞われるはめになりました。

かろうじて幸運だったのは左手でスマホを操作する術を身につけていたことです。

もちろんこんな状態でIIDXがまともにプレイ出来る筈がなく、Feel The Beat(もちろん通常版)でスコアCが出たりして、精神的にも来ました。

そしてこれはまずいと整形外科に行って今に至ります。 

 

原因や対策を自分なりに考えてみました。

まず原因ですが、この痛みが悪化した時は大体BMSをやった時です。IIDXだけの時はそこまでひどくなっていない印象があります。そこで、IIDXと家環境の違いで影響を及ぼしそうなものを考えてみます。

  1. バネの硬さ
  2. 物量
  3. 立ち位置

バネの硬さですが、俺が使っているアケコンは純正です。今日久しぶりに触って感じたのですが、物量があると明らかに重いです。

しかも、発狂BMSは本家に比べて明らかに全体難で物量譜面が多いと思います。これにより、非常に効果的に俺の指に負荷を与えられます。

加えて、俺の家環境は座り環境です。するとなにが起こるかというと、肘が鍵盤から遠ざかります。すると腕から力を加えにくくなり、恐ろしい物量を、純正鍵盤で、指だけで押すことになります。かくしてこうなります。

次に対策ですが、一番簡単なのは回数を減らすことでしょう。というかやらなければ普通なりません。そうは言っても地力を下げたくはないので、家環境の改善をしてみたいです。

しかし困ったことに、俺は家環境を結構気に入っています。唯一変えていいかな、と思うのは座り環境です。ただ、立ち環境にするのはそれなりにかかるでしょう。その金でIIDXをしたくなってしまいます。

そこで、妥協策として考えたのは、

  1. IIDXBMSを同じ日にやらない
  2. プレイは2時間半以内に収める
  3. 次のプレイは1日開けてから

結局回数を減らすことになっていますが、実際負荷を減らすのには最適だなぁと思います。そして、〆プレイをしにいって気づいたのは、そんな簡単に地力は落ちないということです。行くか迷ったら行かないぐらいでいいでしょう。

そして、違和感を感じたぐらいでは病院に行こうとは思わないと思いますが、やたら変なスコアが連続して出たり、指に痛みを感じたらすぐに近くの整形外科に行くべきです。IIDX出来ないぐらいだったらまだいいですが、利き手が使えないというのは非常に面倒くさいことです。

 

やたらと長くなってしまいましたが、その他書きたいこともろもろは来年として、みなさんの健康なプレーを願いつつ、明日を待ちます。